中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット食品を正しく知ってからダイエットしましょう!
ダイエットの前に脂肪を知ろう
ダイエットの前に脂肪を知ろう
脂肪の基礎知識

 中性脂肪・コレステロールの大切な役割

 中性脂肪やコレステロールというと、生活習慣病の元凶として何かと悪者扱いされています。確かにどちらも増えすぎると健康に悪影響を及ぼしますが、本来は体に必要不可欠な成分です。ダイエットして中性脂肪やコレステロールを減らしたいと思っている人にとっては、中性脂肪やコレステロールの役割など興味ないかもしれませんが、せっかくですからこれらが体内でどんな働きをしているのかを学んでみましょう。

 まず、脂肪の代名詞ともいえる中性脂肪についてですが、これはエネルギーとして使わなかった栄養を中性脂肪という形で合成し体内に貯蔵したものです。普段あまり中性脂肪がエネルギーとして使われている実感がありませんが、元気に毎日生活していられるのはこの中性脂肪がエネルギー不足時に燃焼しているからです。そのため、ガリガリにやせた体型の人など中性脂肪が過度に不足してしまうと元気がなくなり、活動が鈍くなってしまいます。

 さらに不足が続くと老化が進んでしまう事もあります。また、中性脂肪は皮下に一定量が蓄積することで外部からの衝撃を和らげたり、体温を一定に保つ役割を果たしています。

 一方、コレステロールは細胞膜や性ホルモンなどの原料として必須の物質です。細胞には細胞膜があり、この膜がしっかりしていないと細胞の本来の働きが失われてしまいます。人間の体は約60兆個の細胞で成り立っていますから、コレステロールが不足した場合の影響は計り知れません。また、コレステロールは男性ホルモンや女性ホルモンなど、性ホルモンの原料になっており、これらのホルモンが不足すると心身の老化の原因になってしまいます。このほか、コレステロールは脂肪分やビタミンの吸収を助ける胆汁酸の原料にもなっており、健康維持にとって欠かせない存在といえます。





 脂肪ってなんだろう?
     そもそも脂肪とは
     体脂肪とは
     中性脂肪とは
     皮下脂肪とは
     内臓脂肪とは

 どうして体に蓄積しやすいの?

 中性脂肪・コレステロールの役割

 食品の脂質は大切な栄養素

 どうやって体に蓄積するの?

 脂肪細胞とは

 脂肪はホルモンを分泌する

 トップページへ


 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. ダイエットの前に脂肪を知ろう All rights reserved