本文へスキップ

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボを正しく理解してからダイエットを始めましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

リバウンドするたびに脂肪が増える!?

筋肉減少を抑えることが大切


 ダイエットというのは決して楽しいものではありません。そのため、ダイエットをしようと決意するためには、「健康に支障が生じた」「スカートが入らなくなった」「スタイルが気になった」など何らかの理由が必要になります。

 体重がスムーズに減っていけばダイエットもやりがいがあって楽しいのですが、我慢ばかりでなかなか減らなかったりすると途中で挫折してしまいます。

 そのため、楽して痩せそうなダイエット法を始めてみるのですが成果は今ひとつでリタイヤ。しかし、少し時間が経つとまた違うダイエット法でチャレンジ、また壁にぶつかって挫折・・・。多くの人がこのような事を繰り返しているのではないでしょうか?

 ダイエットを始めてみると最初は体重が減ってうれしくなりますが、多くの人がその後体重が減らなくなる壁にぶつかって挫折します。多くの人が経験するこの壁とは一体なんでしょうか?実はほとんどの場合、ダイエット開始直後に減っているのは脂肪ではなく筋肉や水分なのです。

 食事量を減らすと、体は少なくなったエネルギーで生きていけるようにしようと、脂肪ではなく最もエネルギーを消費する筋肉を減らします。筋肉が減少すると体の代謝量が減ってしまうため、当然エネルギー消費量も減り、ある時期になると体重減少が止まってしまいます。これが停滞期と呼ばれるもので、多くの人はこの壁を乗り越えられずに挫折してしまいます。

 しかし、悲しい事にダイエット前よりも筋肉量が減ってしまっているため、この時点ではダイエット前よりも太りやすい体質になっているといえます。それに気付かずダイエット前と同様に食べてしまうと、体重が元に戻るどころか、体重はダイエット前と同じでも筋肉が脂肪に入れ替わっているという状態になってしまいます。これがリバウンドと呼ばれるものです。

 しかも、このリバウンドは一度だけではありません。ダイエットにチャレンジして挫折しただけリバウンドがあるため、ダイエットするほど筋肉が減っていくという悪循環に陥ってしまいます。ダイエットを成功させるためには、中途半端なダイエットを繰り返さずに停滞期を乗り越える気持ちが大切です。また、筋肉量を減らさないために、食事制限だけではなく運動を取り入れることも必要です。


関連記事
太っているか痩せているか診断しよう
私の脂肪で何日生きられる?
わたしは今後どれくらい太っていく?
脂肪燃焼を左右する代謝量とは
遺伝による肥満は諦めるしかない?
女性は脂肪がつきやすい?
女性の肥満と脂肪の関係
ダイエットは1ヵ月2kg減を目標に
女性の適正体重と肥満度
男性の適正体重と肥満度
外食・デザートのカロリーをチェック