本文へスキップ

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボを正しく理解してからダイエットを始めましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> 家庭用体脂肪計のしくみ

家庭用体脂肪計のしくみ

体内の電気抵抗で体脂肪を調べる


 以前は体脂肪率を測る事が困難でしたが、最近では家庭用の体脂肪計が安価で普及してきました。家庭用体脂肪計のタイプには両手で測るものや両足で測るもの、両手両足で測るものなどがありますが、いずれも体内の電気抵抗をもとに計算しています。この測定方法をインピーダンス法といいます。

 インピーダンス法とは体に微弱な電流を流して体の抵抗値を測るもので、筋肉など水分を多く含む組織が多ければ抵抗値は小さく、水分が少ない脂肪が多ければ抵抗値は大きくなります。この抵抗値と設定した身長や年齢、性別などを基に体脂肪を算出します。

 ただし、この求められた体脂肪率は必ずしも実際の体脂肪率と一致しているわけではなく、体脂肪計のメーカーによっても測定結果は異なります。これはメーカーによって体脂肪率を算出する考え方が異なるためです。また、一般的にインピーダンス法を用いた体脂肪率は朝から夕方にかけて次第に低下する傾向があります。これは食事や水分の摂取、日常活動などによるものです。

 そのため、体脂肪計を用いて測定した体脂肪率は1つの目安として考え、日々の測定には同じ機器を用いて体脂肪量の増減の変化をみる目的で使用するようにしましょう。



関連記事
太っているか痩せているか診断しよう
私の脂肪で何日生きられる?
わたしは今後どれくらい太っていく?
脂肪燃焼を左右する代謝量とは
リバウンドするたびに脂肪が増える!?
遺伝による肥満は諦めるしかない?
女性は脂肪がつきやすい?
女性の肥満と脂肪の関係
ダイエットは1ヵ月2kg減を目標に
女性の適正体重と肥満度
男性の適正体重と肥満度
外食・デザートのカロリーをチェック