中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット食品を正しく知ってからダイエットしましょう!
ダイエットの前に脂肪を知ろう
ダイエットの前に脂肪を知ろう
メタボリックシンドローム

 メタボリックシンドロームの診断基準とは

 メタボリックシンドロームの恐ろしさがわかったところで気になるのが、「自分がメタボリックシンドロームかどうか」です。メタボリックシンドロームの診断基準は平成17年に以下のようにまとめられました。

≪内臓脂肪型肥満≫
ウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上
(腹部の内臓脂肪面積が100cu以上)

≪高血圧≫
収縮期(最高)血圧が130mmHg以上
かつ/または 拡張期(最低)血圧が85mmHg以上

≪高脂血症≫
中性脂肪値が150mg/dL以上
かつ/または HDLコレステロール値が40mg/dL未満

≪高血糖≫
空腹時血糖値が110mg/dL以上


 ウエスト周囲径が男性より女性の方が5cm大きいのは、女性につきやすい皮下脂肪を考慮しているためであり、あくまで診断基準は内臓脂肪量によるものです。高血圧の診断基準は収縮期血圧が130mmHg以上となっており、通常の血圧診断基準であれば「正常高値血圧」となりますが、血圧の影響が世界的にも問題視されており厳しい基準となっています。

 高脂血症の診断基準は中性脂肪とHDLコレステロール値で判断し、総コレステロール値やLDLコレステロール値は診断基準に入りません。高血糖の基準となる空腹時血糖値110mg/dL以上は、糖尿病予備軍とも呼ばれる「境界型」の数値を基準としており、これも基準が厳しくなっているといえます。このように、それぞれの危険因子の基準が厳しく設定されているのは、それぞれの危険因子が軽症でも重大な疾患を引き起こしてしまうメタボリックシンドロームの特徴を現しているといえます。





 メタボリックシンドロームとは

 メタボリックシンドロームの診断基準

 メジャーで肥満度を自己診断

 なぜ内臓脂肪は増えるの?

 内臓脂肪が引き起こす病気とは
     病気@ 心臓病(狭心症・心筋梗塞)
     病気A 脳卒中(脳梗塞・脳出血)
     病気B 大動脈疾患など

 内臓脂肪と高血圧の関係

 内臓脂肪と糖尿病の関係

 トップページへ


 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. ダイエットの前に脂肪を知ろう All rights reserved