本文へスキップ

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボを正しく理解してからダイエットを始めましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> 内臓脂肪はどうして増える?

内臓脂肪はどうして増えるの?

皮下脂肪よりも内臓脂肪が問題


 体につく脂肪を大きく分けると内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、生活習慣病の問題になるのは前者の内臓脂肪です。そもそも内臓脂肪はどうして体に蓄積するのでしょうか?

 内臓脂肪の付き方は生活習慣や体質によってさまざまですが、はっきりしている事は過食と運動不足という生活習慣です。食事から摂取したエネルギーは基礎代謝や運動によって消費されますが、必要とするエネルギー以上に摂取してしまうと体内に脂肪として蓄積してしまいます。

 余った分は排泄してほしいと思うのですが、本人の意思とは関係なしに、体は「大切なエネルギー源」として少しでも余ったエネルギーを蓄積します。このような体の体質に現代人の豊かな食生活と、デスクワークなど体を使わない生活習慣が合わさる事で内臓脂肪の蓄積に拍車をかけているのです。

 ただし、ここで注目したいのが内臓脂肪の特徴です。内臓脂肪は皮下脂肪に比べて蓄積しやすいのですが、逆に分解しやすく減らしやすい脂肪だということです。つまり、生活習慣や食生活を見直す事で改善しやすい脂肪ということになります。

 ではどんな生活習慣が内臓脂肪を蓄積させているのでしょうか?残念な事に現代人の生活そのものが原因といっても過言ではないようなものなのです。

 あるサラリーマンの場合、「平日の朝は前日の付き合い疲れでギリギリまで寝て朝ごはん抜き、昼はお腹がすいたのでガッチリ大盛り、午後は仕事の合間に間食しつつ缶コーヒーをグビグビ、夜は接待や付き合いで飲みに行き、夜遅く帰ってきてから小腹が空いたのでカップラーメンを食べて就寝、次の朝は胃もたれで朝食抜き・・・。休日は遅くまでグッスリ。起きてはみたもののやる気が起きずにゴロゴロ、夜になってくると元気が出てきてビールをグビグビ・・・」

 このような生活習慣に思い当たる部分はないでしょうか?このような生活習慣では摂取カロリーが1日の後半に集中しているため、寝ている間に脂肪が蓄積してしまいます。また、パソコンなどを使ったデスクワークは疲れるだけで脂肪は燃焼しません。このような現代の生活習慣を変えていくことは難しい事ですが、本人の意識次第で悪循環を断ち切ることはできるのです。



関連記事
メタボリックシンドロームとは
メタボリックシンドロームの診断基準
内臓脂肪が引き起こす病気とは
メタボリックシンドロームが起こす病気とは
とても大切!中性脂肪とコレステロールの役割
どうして脂肪は体に蓄積するの?
太っているか痩せているか診断しよう
ダイエットは1ヵ月2kg減を目標に
内臓脂肪を予防!太らない体をつくるには
女性の適正体重と肥満度
男性の適正体重と肥満度