本文へスキップ

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボを正しく理解してからダイエットを始めましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> 内臓脂肪が引き起こす病気

内臓脂肪が引き起こす病気とは

内臓脂肪の増加は生活習慣病の悪循環を招く


 脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、生活習慣病に大きく関与しているのは内臓脂肪です。その原因は脂肪細胞から分泌される生理活性物質(サイトカイン)で、内臓脂肪のまわりには血管が多く張り巡らされているため、体に悪影響を及ぼすサイトカインが血流にのって体に直接悪影響を与えてしまいます。このサイトカインによって起こる代表的な問題が動脈硬化です。

 脂肪細胞からはアディポネクチン、PAI−1、HB−EGFなどが分泌されており、アディポネクチンは血管壁の修復をする働きがあるため動脈硬化の予防に働くのですが、PAI−1やHB−EGFは動脈硬化を促進します。

 このように脂肪細胞からは動脈硬化を予防するサイトカインと促進するサイトカインが分泌されているのですが、問題なのは内臓脂肪が増えるとアディポネクチンが減少し、PAI−1やHB−EGFなどの悪玉サイトカインが増加するのです。また、内臓脂肪が多いという事はそれだけ血液中に中性脂肪やコレステロールが多いという事でもあります。血液中の脂質が多くなると高脂血症になる危険性があり、これもまた動脈硬化を進行させてしまう原因になります。

 また、内臓脂肪からはアンジオテンシノーゲンと呼ばれる血圧を上昇させるサイトカインが分泌されており、内臓脂肪が増加する事で分泌量も増加して高血圧を引き起こす原因となります。動脈硬化も高血圧もそれ自体では恐ろしい病気ではないのですが、これらが組み合わさる事で狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中など、命に関わる病気を引き起こす原因になってしまいます。

 このほか、内臓脂肪が増えると血糖値を下げる働きをするインスリンの働きを妨げるようになるため、高血糖の状態になります。さらに脂肪細胞から分泌されるTNF−αと呼ばれる悪玉サイトカインが増加します。

 このTNF−αもまたインスリンの働きを妨げる働きがあるため、ますます高血糖を促進して糖尿病を引き起こす原因になります。高血糖の状態が続くと動脈硬化が促進される事もわかっており、内臓脂肪の増加はまさに生活習慣病の悪循環を引き起こすといえます。


内臓脂肪が血圧上昇に関係している


 血圧が高くなっても特に症状が現れないため治療を怠る人が多いのですが、高血圧は「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と例えられるように、症状が現れた時には命に関わる重大な合併症を引き起こします。その代表的なものが狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、脳梗塞、脳卒中などです。

 いずれもその主原因は動脈硬化であり、高血圧が深く関与しています。日本には高血圧患者は推計で3000万人いるとされ、50歳代で2人に1人、60歳代で3人に2人、70歳代で4人に3人が高血圧と推定されています。

 血圧の高い状態が続くと血管壁に負担がかかるため、血管が硬くもろくなったり、変形したりして動脈硬化を起こします。動脈硬化が起こって血管内腔が細くなると、心臓は強い圧力をかけて血液を送り出そうとするために血圧はさらに上昇します。するとさらに動脈硬化が進むという悪循環を招いてしまうのです。

 高血圧の原因として、食生活、運動不足、遺伝、肥満、性格、気温など複数の原因が考えられ、複数の原因が複雑に組み合わさって高血圧を起こしています。そのため、原因を1つずつ取り除いていく必要があるのですが、最近の研究で内臓脂肪と高血圧の関係が注目されてきました。

 これまでは肥満によって血液中の脂質が増加し動脈硬化が進行すると考えられていましたが、内臓脂肪が分泌するアディポサイトカイン(生理活性物質)が血圧上昇に大きく関わっている事がわかっています。

 脂肪細胞からはアディポネクチンと呼ばれる物質が分泌されており、傷ついた血管壁を修復して動脈硬化を予防したり、血圧を下げる働きがあります。しかし、内臓脂肪が過剰に蓄積するとアディポネクチンの分泌量が減少するため、血圧上昇や動脈硬化の危険性が高まります。

 さらに、アディポネクチンが減少するとインスリンの効果が低下し、腎臓からのナトリウム排泄機能が低下します。すると、血液中のナトリウム濃度が上昇するために血圧も上昇してしまいます。

 また、過剰に蓄積した内臓脂肪からは血管を収縮させる働きのあるアンジオテンシノーゲンが分泌されるため、これによっても血圧が上昇します。このように、過剰に蓄積した内臓脂肪からは血圧を上昇させる物質が分泌されてしまうため、高血圧の改善には内臓脂肪を減らす事が必要になるのです。


内臓脂肪が血糖値を上げる


 血液中の血糖値が高い状態が糖尿病であり、過食、運動不足、アルコールの飲みすぎ、肥満、遺伝などによって起こります。厚生労働省が平成14年に行った調査によると、糖尿病の患者数は約740万人、糖尿病予備軍は880万人で、合計すると約1620万人にものぼります。現在も患者数は増加傾向であり、高血圧に次いで新たな「国民病」となっています。

 さらに、高血糖はメタボリックシンドロームの危険因子の1つであり、糖尿病予備軍のレベルである空腹時血糖値110mg/dL以上の段階で危険因子とされています。血糖値がこの程度であっても、他の危険因子と組み合わさることによって動脈硬化が進行する危険性が高いからです。

 糖尿病の原因としては過食やアルコールの飲みすぎによって血糖値が上がるというイメージがありますが、最近の研究で内臓脂肪によっても血糖値が上がる事がわかっていました。脂肪細胞は本来エネルギー源として貯蔵されているので、分解されてグリセロールとなり、肝臓に送られて糖に変わり、エネルギー源として血液中に送られます。エネルギーとして使わなかった糖は膵臓から分泌されるインスリンによって分解され、細胞の中に取り込まれます。

 しかし、肥満が進んで脂肪細胞が多いとそれだけつくり出されるグリセロールの量も多くなり、インスリンも大量に必要となります。このようにいつもインスリンが多く分泌されているとインスリンの効果が低下してくるため(インスリン抵抗性)、高血糖の状態が続くようになります。

 さらに、脂肪細胞からはアディポネクチンと呼ばれるインスリンの働きを助ける物質が分泌されているのですが、内臓脂肪が過剰に蓄積するとアディポネクチンの分泌量が減り、インスリンの効果がさらに弱くなってしまいます。このような悪循環によって血糖値はさらに上昇し、糖尿病が進行していくのです。高血糖が続くと血管もダメージを受け、動脈硬化も進行するため注意が必要となります。


関連記事
メタボリックシンドロームとは
メタボリックシンドロームの診断基準
内臓脂肪がつく理由って一体何?
メタボリックシンドロームが起こす病気とは
とても大切!中性脂肪とコレステロールの役割
どうして脂肪は体に蓄積するの?
太っているか痩せているか診断しよう
ダイエットは1ヵ月2kg減を目標に
内臓脂肪を予防!太らない体をつくるには
女性の適正体重と肥満度
男性の適正体重と肥満度