中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット食品を正しく知ってからダイエットしましょう!
ダイエットの前に脂肪を知ろう
ダイエットの前に脂肪を知ろう
メタボリックシンドローム

 内臓脂肪が引き起こす病気とは

 脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、生活習慣病に大きく関与しているのは内臓脂肪です。その原因は脂肪細胞から分泌される生理活性物質(サイトカイン)で、内臓脂肪のまわりには血管が多く張り巡らされているため、体に悪影響を及ぼすサイトカインが血流にのって体に直接悪影響を与えてしまいます。このサイトカインによって起こる代表的な問題が動脈硬化です。

 脂肪細胞からはアディポネクチン、PAI−1、HB−EGFなどが分泌されており、アディポネクチンは血管壁の修復をする働きがあるため動脈硬化の予防に働くのですが、PAI−1やHB−EGFは動脈硬化を促進します。

 このように脂肪細胞からは動脈硬化を予防するサイトカインと促進するサイトカインが分泌されているのですが、問題なのは内臓脂肪が増えるとアディポネクチンが減少し、PAI−1やHB−EGFなどの悪玉サイトカインが増加するのです。また、内臓脂肪が多いという事はそれだけ血液中に中性脂肪やコレステロールが多いという事でもあります。血液中の脂質が多くなると高脂血症になる危険性があり、これもまた動脈硬化を進行させてしまう原因になります。

 また、内臓脂肪からはアンジオテンシノーゲンと呼ばれる血圧を上昇させるサイトカインが分泌されており、内臓脂肪が増加する事で分泌量も増加して高血圧を引き起こす原因となります。動脈硬化も高血圧もそれ自体では恐ろしい病気ではないのですが、これらが組み合わさる事で狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中など、命に関わる病気を引き起こす原因になってしまいます。

 このほか、内臓脂肪が増えると血糖値を下げる働きをするインスリンの働きを妨げるようになるため、高血糖の状態になります。さらに脂肪細胞から分泌されるTNF−αと呼ばれる悪玉サイトカインが増加します。このTNF−αもまたインスリンの働きを妨げる働きがあるため、ますます高血糖を促進して糖尿病を引き起こす原因になります。高血糖の状態が続くと動脈硬化が促進される事もわかっており、内臓脂肪の増加はまさに生活習慣病の悪循環を引き起こすといえます。





 メタボリックシンドロームとは

 メタボリックシンドロームの診断基準

 メジャーで肥満度を自己診断

 なぜ内臓脂肪は増えるの?

 内臓脂肪が引き起こす病気とは
     病気@ 心臓病(狭心症・心筋梗塞)
     病気A 脳卒中(脳梗塞・脳出血)
     病気B 大動脈疾患など

 内臓脂肪と高血圧の関係

 内臓脂肪と糖尿病の関係

 トップページへ


 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. ダイエットの前に脂肪を知ろう All rights reserved