中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット食品を正しく知ってからダイエットしましょう!
ダイエットの前に脂肪を知ろう
ダイエットの前に脂肪を知ろう
メタボリックシンドローム

 メタボリックシンドロームが引き起こす病気@
     心臓病(狭心症・心筋梗塞)


 メタボリックシンドロームが引き起こす病気の中で、最も重篤なものの1つに狭心症や心筋梗塞があります。メタボリックシンドロームになると内臓脂肪からの善玉サイトカインの分泌が減り、代わりに悪玉サイトカインの分泌が増えるために動脈硬化が起こりやすくなるためです。

 さらに高血圧や高血糖などの悪循環によって動脈硬化は加速度的に進行します。狭心症や心筋梗塞は心筋に血液を送る冠動脈の動脈硬化によって起こる病気であり、発症すると心臓や脳に重篤な障害を与え、生命にかかわる事も少なくありません。

 メタボリックシンドロームの危険因子には、内臓脂肪型肥満のほかに高血圧、高脂血症、糖尿病があり、狭心症や心筋梗塞の発症リスクはメタボリックシンドロームの危険因子を持たない人に比べて、1つ持っている人は約5倍、2つ持っている人は約10倍、3〜4つ持っている人は30倍以上にもなるという調査結果が出ています。

 狭心症とは、心筋に酸素と栄養素を運ぶ冠動脈の内側が部分的に細くなり、心筋への血流が悪くなるために一時的な胸の痛み(狭心症発作)を感じるために起こります。この発作は前触れなく突然に起こり、数十秒から数分間続きます。狭心症が起こる場所や程度によって、痛みの強さや持続時間は異なります。多くの場合、発作による胸の痛みは一点の狭い範囲ではなく手のひらをあてるほどの範囲に起こり、圧迫感や締め付けられるような感じを胸の奥に感じます。狭心症は冠動脈の狭窄状況や発作の程度、頻度によって細かく分類されています。

 一方、心筋梗塞は冠動脈の内部が極端に狭くなって血流が悪くなり、そこで血液が固まって血栓ができたり、他の場所でできた血栓がそこに詰まって血流が完全に途絶えるために起こります。このような状態になると冠動脈の詰まった先の心筋には血液が流れないため、酸素欠乏や栄養不足になった心筋細胞が次々と壊死していきます。

 心筋梗塞が起こると、冠動脈の血流が途絶えた瞬間から激しい胸痛発作に襲われ、心筋の壊死は始まっていきます。冠動脈がふさがってしまっているため、狭心症と違って安静にしても症状は改善せず、むしろ悪化していきます。心筋の壊死範囲が広いほど急速に心臓のポンプ機能は低下し、血圧低下によるショック状態や突然死に至る事も少なくありません。心筋梗塞は最初の発作で約3割の人が命を失うといわれており、初期対応がいかに重要かがわかります。安静にしても改善しない強い胸痛が30分以上続く場合は心筋梗塞の可能性があるため、一刻も早く病院で治療を受ける必要があります。






 メタボリックシンドロームとは

 メタボリックシンドロームの診断基準

 メジャーで肥満度を自己診断

 なぜ内臓脂肪は増えるの?

 内臓脂肪が引き起こす病気とは
     病気@ 心臓病(狭心症・心筋梗塞)
     病気A 脳卒中(脳梗塞・脳出血)
     病気B 大動脈疾患など

 内臓脂肪と高血圧の関係

 内臓脂肪と糖尿病の関係

 トップページへ


 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. ダイエットの前に脂肪を知ろう All rights reserved