中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット食品を正しく知ってからダイエットしましょう!
ダイエットの前に脂肪を知ろう
ダイエットの前に脂肪を知ろう
脂肪を減らすには

 炭水化物の摂取量を減らそう

 ダイエットというと肉を食べないようにして脂質の摂取量を減らすというイメージがあります。確かに脂質は高カロリーであり摂取を控える必要がありますが、同じくらい大切なのが糖質(炭水化物)の摂取量です。実は脂質よりも糖質の方が体に脂肪をため込みやすいという事がわかっています。

 炭水化物を摂取すると体内でブドウ糖に分解され、エネルギーとして全身に送られます。このような血液中にあるブドウ糖の濃度を血糖値といいますが、血糖値が増加すると膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンにはブドウ糖をグリコーゲンと呼ばれるエネルギー源に変えて体内に貯蓄する働きがあり、体は必要に応じてグリコーゲンをエネルギー源として使用します。

 しかし、使われないまま余ったエネルギー源はすべて中性脂肪に変わり、皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄積します。このように炭水化物は脂肪よりもエネルギー源として使われやすいのですが、余った分が体脂肪として蓄積しやすいのです。

 このような事を防ぐためには、摂取する炭水化物の量を減らす必要があります。炭水化物の摂取量を減らすと体内の血糖値増加が抑えられるため、インスリンの分泌量も低下します。その代わりに分泌されるのがグルカゴンと呼ばれるホルモンで、体内に蓄えられたエネルギーの消費を促す働きをします。そのため、体内の脂肪を効率よく燃焼して内臓脂肪型肥満を予防する効果を発揮するのです。





 ダイエットは1ヶ月2kg減を目標に

 運動には有酸素運動と無酸素運動がある

 有酸素運動で体脂肪を燃焼させる

 太らない体をつくるためには

 よく噛んで内臓脂肪を予防する

 炭水化物の摂取量を減らす

 単品ダイエットは本当に痩せる?

 トップページへ


 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. ダイエットの前に脂肪を知ろう All rights reserved