中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボリックシンドローム、ダイエット食品を正しく知ってからダイエットしましょう!
ダイエットの前に脂肪を知ろう
ダイエットの前に脂肪を知ろう
脂肪と肥満の関係

 私の脂肪で何日生きられる?

 ダイエットをしようと思っている人にとって蓄積した脂肪は悩みの種です。しかし、本来体についている脂肪は飢餓状態を生き延びるためのエネルギー源として蓄えられているものであり、私たちの体は日々少しでもエネルギーが余ったらせっせと脂肪に変えて蓄えているのです。
 では、一体私たちの体は蓄積した脂肪で何日生き延びられるのでしょうか?ダイエットとはあまり関係がありませんが、雑学的に興味があるところです。少なくとも痩せている人よりは長生きできるのは確かです。

 私たちの体は日々1800〜2500キロカロリーのエネルギーを消費しています。この内訳として基礎代謝、活動代謝、食事誘導性熱産生がありますが、生きるために必ず必要になるのが基礎代謝です。これは呼吸をしたり心臓を動かしたりするのに必要なエネルギーで、性別や年齢によって異なりますが、一般的に生きていくために最低限必要なカロリーは1200キロカロリーとされています。つまり自分が持っているエネルギー量をこの1200キロカロリーで割れば、生存日数を求める事ができます。

 では、自分が持っている脂肪の総エネルギー量は一体どのくらいでしょうか?例えば体重60kg、体脂肪率25%の人の場合、体脂肪量は60×0.25=15kgとなります。しかし、脂肪組織全てがエネルギーになるわけではなく、エネルギーになるのはその80%ほどとされているため、エネルギーになる脂肪量は15×0.8=12kgとなります。

 脂肪1gのエネルギー量は9キロカロリーなので、この人が持っている脂肪の総エネルギー量は9×12000=108000キロカロリーとなります。これを基礎代謝1200キロカロリーで割ると90日、つまりこの人が何もしないで生き延びられる日数は90日という事になります。
 ただし、この日数は単純にエネルギー量だけを考えたものであるため、生存のためには水分なども必要になります。





 太っているか痩せているかの判定

 あなたの肥満はどのタイプ

 標準体重はどのくらい?

 家庭用体脂肪計のしくみ

 世界でも日本でも肥満が増えている

 私の脂肪で何日生きられる?

 私はどのくらい太っていく?

 食欲のしくみ

 脂肪燃焼を左右する代謝量とは

 リバウンドするたびに脂肪が増える?

 遺伝による肥満は諦めるしかない?

 トップページへ


 
掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2006〜. ダイエットの前に脂肪を知ろう All rights reserved