本文へスキップ

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、肥満、メタボを正しく理解してからダイエットを始めましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

> 私はどのくらい太る?

私はどのくらい太っていく?

基礎代謝の減少分だけ食事量を減らす


 中高年になると誰もが太りやすくなったと感じます。この原因の1つが加齢による基礎代謝の低下です。基礎代謝は生命を維持するために必要なエネルギーで、筋肉量が多いほど大きくなります。中高年になるほど運動不足になりがちで、筋肉量も減っていくために基礎代謝量も低くなります。

 一般的に、中高年になると基礎代謝は若い頃よりも10〜20%減少するとされており、さらに40歳を過ぎると10年間で3〜6%低下するといわれています。例えば20歳の時に基礎代謝が1600キロカロリーだったとすると、40歳代では1400キロカロリーまで低下しているという事です。

 この減った200キロカロリー分を食事量に考慮すれば問題ないのですが、もし基礎代謝量の減少に気付かずに同じ食事量を摂り続けるとどうなるでしょう?1日あたり200キロカロリーが体内で余っているので、1年間では200キロカロリー×365日=73000キロカロリー、脂肪の重さに換算すると約10kgとなります。

 「おや?自分の体重増加に当てはまるぞ」と思う人も多くいるのではないでしょうか。食事内容や生活内容は日々異なるために毎日規則正しく太っていくわけではありませんが、長い時間で見てみると確実に日々余ったエネルギーは脂肪として蓄積しているのです。

 では、このようにならないためにはどうしたらよいのでしょうか?答えは簡単で、年々減少する基礎代謝に合わせて摂取エネルギーも減らしていく事です。また、基礎代謝を減らさないために適度な運動によって筋肉量を維持することも大切です。しかし、この単純な2点の実行が難しいために、年々太っていってしまうという現実があります。



関連記事
太っているか痩せているか診断しよう
私の脂肪で何日生きられる?
脂肪燃焼を左右する代謝量とは
リバウンドするたびに脂肪が増える!?
遺伝による肥満は諦めるしかない?
女性は脂肪がつきやすい?
女性の肥満と脂肪の関係
ダイエットは1ヵ月2kg減を目標に
女性の適正体重と肥満度
男性の適正体重と肥満度
外食・デザートのカロリーをチェック